Sculturia Cars (スクルトゥリア・カーズ)

木製の彫刻 | ペスカーラ(イタリア)

 
自分の愛車や憧れの車を、日常生活や仕事場のオブジェに変身させる。
これは、イタリアのSculturia Cars(スクルトゥリア・カーズ)が3年ほど前から提案しているものである。テクノロジー、デザイン、クラフトマンシップの融合と、このプロジェクトを発案した兄弟ダヴィデとパリデの車に対する情熱が加わり、さらに豊かなものとなっている。
 
 

アイテム

Sculturia Carsは、車それぞれのデザインとスタイルの本質的なものを「抽出」し、機能的なものは取り除き、お気に入りの車に欠かせない特徴的なディテールである、スポイラー、エアインテーク、ヘッドライトなどを上手く表現している。
縮尺1:12のオブジェは、一つの無垢のオクメ材の塊から作られている。
どのような種類の木でも良いわけではない。オクメ材は、温もりとユニークさをもたらすことができる木材である。一つ一つには、木の一生を表わすストーリーがある。
 
 

エクセレンス

すべてのオブジェは限定シリーズであり、各車の底部には主に二つの役割を果たす小さなクリスタルがはめ込まれた舷窓がある。その役割の一つ目は、名前や識別番号、その他のパーソナライゼーションをレーザーで刻印すること、二つ目は一つ目と同じく重要な、使用されている素晴らしい素材を見ることができることである。
 
 

クラフトマン

それぞれのプロジェクトは、車とその歴史を理解することから始まり、その後、実際のプロポーションを維持したまま、ゼロからジオメトリが描き始められる。
第二段階では、数値制御装置により、木の塊からマクロな形状に成形される。
最後の工程は、おそらく最も繊細な工程で、本当の意味でのクラフトマンシップが発揮される部分である。まずスムージングで表面を整えてからその後、プレコート、塗装、研磨を行う。
これらの作品の特徴は、仕上げの工程が実際の車のボディショップと同じステップを踏んでいることである。Sculturia Carsは、実際の車に使用されたオリジナルの塗料を使用している。
 
 

エクスクルーシブ性

Sculturia Carsは、アブルッツォ州のペスカーラに工房があり、デザインはエミリア・ロマーニャ州のモデナで行われている。
このイタリアの小さな会社の真の強みは、柔軟性であり、各クライアントそれぞれのリクエストに対応できることである。
 
 

X