Ruote Leggendarie Production

Ritmo とリトモ (1/2)

2021年2月14日 浩美 | 愛知(日本)

 
 
ある日、フィアットリトモクラブイタリアの会長とコンタクトを取っていたデニス(ウェブサイトRuote Leggendarieの創設者)から、そのクラブには日本人メンバーがいるらしいことを聞いた。それだけであれば、熱心な方もいるものだ、と言う程度の感想を持っただけだっただろう。さらに聞いていると、そのメンバーは女性、それも名前がリトモと言うらしいとのこと。それを聞いて私が最初に言ったのは『日本でそんな名前の人聞いたことがない』であった。きっとクラブの人たちに覚えてもらいやすい様にニックネームを使っているのだろう、などと勝手に想像しながらも、もしかして本当に存在する?と思い、半信半疑でネットで検索してみた。すると、彼女と彼女が乗る車フィアットリトモについての記事を見つけた。本当に日本にリトモさんと言う女性は存在していて、彼女がリトモクラブイタリアの会員なのだ。早速クラブ会長から教えてもらった彼女の連絡先にメッセージを送ってみた。するとすぐに返事がありそこからリズム良くやりとりが始まった。
 

彼女から聞いた彼女自身のこと、彼女の車のこと、またご家族のことなど、ユニークで興味深かったのでここで2回に分けて記事にしてみたいと思う。

フィアットRitmoはイタリアで1970年代後半から80年代後半にかけて作られ、ファミリーカーとして大変多く普及していた。私の義父も短い間ではあったが、乗っていたらしい。では、どうして日本に住む女性の名前にイタリアのそれも一昔前に普及した車の名前が付けられたのだろう。

リトモさん(正確には璃萌さんだが記事では『リトモさん』もしくは『彼女と』書くことにする)は、二十年程前に4人姉妹の4番目として、自動車整備業を営む一家に産まれた。父は(現在お父様は逝去されている)この家業の傍らリトモ、ランチアデルタ、124スパイダーらの愛車でラリーにも熱心に参戦していたらしい。


小さい頃の両親は特に彼女に車のことを熱心に教えるなどと言うことはなかったが、常に車に囲まれている生活だったので、彼女は自然と車に関心を持つ様になっていた。小さい頃は車、新幹線、電車、鉱石、宇宙など一般的に男の子が好みそうなものが好きだった。車で外に出かけた時には近くを走っている車の名前を当てるゲームを一人でやっていたと言う。車もそうだが、大きな働く車全般が好きだった。おもしろいエピソードとして、保育園には母の運転するランチアデルタ16 Vインテグラーレで送迎してもらっていたらしい。小さい頃からひと味違う車ライフを体験していた様だ。
 
珍しい名前であったため、友だちにからかわれたり変わったあだ名を付けられたりもしたが、特に両親にその由来を聞いたりすることもなく時が過ぎていった。そして彼女が小学3年生の時、授業で自分の名前の由来を発表する機会があり、その際に初めて両親に尋ねてみた。そしてついに真相を知ることになった。ちょうど彼女が産まれた頃に父はフィアットのリトモがとても気に入っていて、普段にもラリー参戦時にも常にリトモに乗っていた。その好きが強すぎて、ちょうどその頃に産まれた子どももリトモと名付けたいと考え、母もそれを快く受け入れた。そして母は、リトモはイタリア語でリズムと言う意味なので、明るく朗らかに育って欲しいとの願いも込めたという。自分の名前の由来を調べた時に初めて、リトモという自分と同じ名前の車があると言うことを知り、どんな車なのか、子どもの名前に選ぶくらい素敵な車なのか興味が芽生えた。
 
4人姉妹とのことだったので、他の3人の姉たちの名前も気になり尋ねてみたところ、姉の一人の名前は日本のレースドライバーから取られているとのこと。将来自分の子どもに車の名前を付ける可能性があるかの問いには、絶対にないと。やはり、からかわれたりするのは避けたいし、また彼女自身の様に、自分と同じ名前の車を手に入れようとするかもしれず、それはとてもお金もかかるし、大変なのでそのようなことは自分の子どもにはさせたくないらしい。

小3でフィアットリトモに興味を持ち始めたリトモさん、中学生になった頃には、『いつかは自分でリトモに乗りたい』と思う様になった。リトモに関する海外の記事を読んだり、日本国内のリトモユーザーのブログを熱心に見始める。そんなこんなで時は過ぎ、その間もリトモへの思いは募った。
 


免許が取得できる年齢になった際には、日本ではオートマチック限定の免許を取得する人が多いが、彼女は『いつかリトモに乗れるように』とマニュアル車を運転できる免許を取得した。

『いつかはリトモに乗れるように』と言う思いは社会人になっても消えず、社会人になり3年ぐらいで金銭的にも少し余裕が出て来た頃、そろそろリトモに乗りたいと思い始めた。前から調べていた中古のリトモ2台が名古屋市内にあったので見に行った。見に行くだけのつもりだったが、今乗っているリトモを見て購入を即決してしまった。それが2019年の初め頃で、その後契約し、納車は8月末。ついに長年の夢だった車が手元に届いた瞬間だ。
 

実際手に入れたリトモの好きなところを彼女に聞いてみた。
もともとハッチバックで最近の車にはないカクカクとした見た目の車が好きで、リトモについては何はともあれまずは後ろからの見た目が一番。控えめなスポイラーが小さい車体にマッチしている。また横から見たプレスラインがとても良く、これがなければのっぺりとした印象になるので、ここからもベルトーネのセンスが感じられる。
小さい車体に1トンを切る車重、そこに2リッターエンジンで、踏んだ時の気持ちの良い加速、ハンドリングの切れの良さ、そして運転席から聞こえる呼気の音も最高で、乗っているだけで幸せなのだそうだ。
 
リトモを所有した人によると、結構故障が多いと聞く、彼女のリトモも買って1年ぐらいは故障が多かったが、その都度修理やメンテナンスをし、現在はかなり快調とのこと。手を加えようと思えばやることはたくさんあるが、時間やお金と相談しながらのんびり面倒見ようと思うと。彼女に聞いた買ってからの故障やメンテナンスについては長くなりそうなので次の記事にでも詳しく書こうと思う。

40度にも届きそうな真夏の日中や路面凍結し塩カルのまかれるれるような冬の寒い日を除いて、リトモは通勤にも使うし、週末に旅行に行くのにも使う。車はもう1台持っているが、季節のいい時にはずっとリトモに乗っている。
 

聞いてみると、彼女は海外には行ったことがなく、イタリア語も英語も話さないらしい。その彼女がなぜ、またどうやってイタリアのリトモクラブに加入したのかも気になったが、好きと言う強い気持ちは、何でも可能にしてしまう様だ。リトモを購入して以降、世界中のリトモについて調べている際にイタリアのリトモクラブについて知ったと言う。かつて自分の車が製造され走っていたイタリアのクラブの人たちに、遠い日本でも元気に走っているリトモの姿を届けたいと思いコンタクトを取った。言葉は翻訳ソフトなどを使ったり、単語を並べるとなんとか分かってもらえるらしく、クラブのメンバーになりやり取りを重ねるうちに最近では、車のことだけでなく、コロナウイルスのことを心配してくれたり、日本語で『こんにちは』とメッセージをくれたりもする様になったらしい。最初の頃は女性でリトモと言う名前だということを信じてもらえなかったらしい。この様に彼女を暖かく迎え入れてくれているクラブメンバーの存在をとてもありがたく思っている。
 
次の記事ではメンテ歴、そのほかリトモさんがリトモで今後やりたいこと、そしてもう少し彼女自身のことなどに触れたいと思う。
 

X